色白は七難隠す!美白になるケア方法ってなに?

まずは日焼けしないようにする

色白になるためには、日焼けしないことです。そのためにはまず、日焼け止めクリームや日傘などで肌を守りましょう。

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があります。UV-Aは、シミの元になる紫外線です。天気が悪くて太陽が出ていない日も、屋内であっても降り注いでいます。そしてUV-Bは、俗にいう日焼けになる原因の紫外線です。肌の表面が火傷状態になり、それによってメラニンが生成されて黒くなるのです。

日焼け止めクリームには、SPFとPAという記号が書かれています。SPFはUV-Bに、PAはUV-Aにそれぞれ働きかけます。数字や+の数が多いほど、紫外線に働きかける力が強いです。日焼け止めクリームは1度塗って終わりではなく、こまめに塗り直すようにしましょう。夏は汗で流れてしまいます。

美白化粧品で外側から白く

美白のスキンケア用品には化粧水と乳液、美容液などがあります。美白に効果的なのは美容液です。美容液は、特定の効果を得るための成分が豊富に配合されているためです。美白のスキンケア用品には、メラニンが作られるのを抑えるものと、すでにあるメラニンを排出するものがあります。自分の肌の状態や、得たい効果に合わせて選ぶことが大切です。

食べ物で体の中から美白

美白に効果的な食べ物は、ビタミン類が豊富に含まれている野菜やフルーツです。ビタミンCには、シミの原因であるメラニンを作る働きを抑える作用があります。また、ビタミンAには、肌のターンオーバーを促す効果があるのです。肌のターンオーバーを促すことで、表面の焼けた肌が少しずつはがれていきます。それにより肌が白くなっていくのです。

品川美容外科の起訴について詳しく